新潟地区の形鋼市況は横ばい。マーケットは大きな動意は見られない。前年同期と比較しコストアップ分の転嫁が一定程度は浸透し売上自体は上昇しているものの、収益が伴わない。 メーカー、商社筋の繁忙感と地方特約店の商いに温度差が見られるようになってきた。加工ラインを保有する特約店は忙しさも見られるが、業種によっては米中貿易摩擦の影響が見られる。倉出し...