異形棒鋼は、原料高で相場が続伸。直送ベース=6万4千~5千円で推移。 鉄スクラップ市況の急伸で、11月中旬以降、相場が上昇。足元では6万5千円も散見される。ゼネコンの購買姿勢は厳しいが「海外要因により、原料高の状況は当面緩みそうにない。メーカーの採算重視の姿勢は変わらないので、需要とは切り離して、価格を上げていかざるを得ない」とする流通が多...