中部地区カラー鋼板流通のミツイバウマテリアル(本社・三重県松坂市、社長・三井陽介氏)は、成形加工品の高品質化の一環として、老朽化していた既存の外壁用成形機を新鋭機に更新。今月より本格稼働を開始した。また、販売が好調に推移している立平葺き成形品「シダールーフII型」の成型機を1基増設し、突発的な需要増にも柔軟に対応できる生産体制を整えた。 成...