東京地区のH形鋼は下げ余地がない状況だ。高炉、電炉とも受注量と出荷量が均衡しているため生産余力がなく、原料市況も騰勢を強めているため安値対応が避けられている。 店売り在庫は以前ほどのタイト感はない。だが引き合いが多く土木向けが多い広幅品はメーカーが限られる一部サイズが少ないためひっ迫感が残る。価格帯は、鉄スクラップがさらに上伸しないと上値は...