新日鉄住金は、オーストラリアの原料炭炭鉱ヘイル・クリーク(クイーンズランド州)の保有権益(8%分)を合弁パートナーのグレンコアなどに売却した。売却額は明らかになっていないが、100億円超とみられる。新日鉄住金は豪州やカナダなどで複数の炭鉱権益を保有。コスト競争力や品質などによる評価を行う中で、ヘイル・クリークについては売却が妥当と判断した。...