異形棒鋼は、原料市況の反発で安値は解消したが、相場全体を押し上げるほどの迫力はない。期近明細は出たが量のまとまったものは少ない。 H形鋼はハイテンションボルト不足がネックとなり、中小物件向けの動きが停滞している。ただ建築需要そのものは堅調なため相場は横ばい推移。 アングル、チャンネルなどの一般形鋼は小口中心ながら実需向けが底堅い動き。在庫は...