鉄スクラップ価格の続伸を背景に、共英製鋼山口事業所が等辺山形鋼、平鋼、丸鋼の販価を引き上げてきたのを受けて、品種によっては基調が引き締まってきた。 足下の荷動きはいまひとつだが、先々の仕事量は見えているだけに弱気感はない。運賃をはじめとした緒経費が値上がりしているだけに、採算は厳しくなっている。 流通としては、現行の唱えを堅持する一方で、値...