市況は横ばい。冬季要因と職人不足による施工ネックで荷動きは低調に推移する。 メーカーに値上げ意思は感じられるが、実行できるかは不透明だ。東北地区の住宅向け薄物は段階的に単価が切り上がってきた結果、コロニアル系など他商材との価格差は縮小した。さらなる値上げはシェア競争を一段と厳しいものにするだろう。 一方、物件向け厚物は旺盛な建築需要の下、現...