東京地区の溶接鋼管類は、価格面では扱い筋によるメーカー値上げ転嫁の動きが続いており強含み基調の展開だが、荷動きはやや閑散とした展開。特に先月帳破明け以降から「少しまだら模様の展開が強くなった」との声が聞こえるようになった。各品種ともに市中価格はほぼ過去最高値に近い水準にまで達している中、依然として販売がいまひとつ盛り上がってこない状況に、今...