カラーガルバリウム鋼板は横ばいが続く。昨秋に繁忙な出荷が続いた反動のためか、荷動きは年度末らしい活気がない。昨秋の台風被害に伴う補修用の出荷が続くものの、ピークは過ぎている。新たな設備投資案件も聞かれるが、現在のところ荷動きが活発化するという手応えがない。施工管理者不足による建築進ちょく遅れも懸念材料。住宅向けも消費増税前の駆け込み購入に伴...