新報国製鉄の18年12月期単独決算は売上高62億3千万円で前期比13・5%増、経常利益7億4400万円で同11・9%減、純利益5億5700万円で同54・0%減。配当は10円増配の30円。 シームレスパイプ用工具は前期並みだったが、主力の半導体・FPD(液晶・有機EL)製造装置用低熱膨張合金の販売が好調で増収。製品構成変化や合金原料高騰に加え...