電線大手5社の18年4~12月期決算が6日出そろった。売上高は子会社売却が影響したフジクラ以外の4社が増収。経常利益はインフラ用電線の事業で明暗を分けた。電力ケーブルが好調な住友電工は史上最高益を記録。一方海外送電工事で損失を出したフジクラと電線線材・巻線の両事業で収益が低下した昭和電線ホールディングスに加えて、古河電工が減益となった。高機能...