名古屋地区の一般形鋼は、1月から徐々に日当たりの出荷は増えているが、トラック不足で納期通りの配達が厳しくなり、商機を逃すケースも。デリバリー業務の円滑化が課題だ。 市況はボトムも切り上がっているがメーカー販価上昇分の転嫁は十分でない。在庫は滞っていた契約分が一気に入荷するなどでタイト感はあまりない。2月は稼働日数も少なく、建築需要もしばらく...