条鋼建材製品は一部の品種を除いて需給のタイト感が続きそうだ。 異形棒鋼は横すべり商状。原料安から需要家側の様子見姿勢は変わらないが、電炉も副資材高騰などを要因に売り腰を緩めていない。H形鋼や一般形鋼は強横ばい調。東京製鉄が2月販価を据え置いたことが下支え材料となり、流通段階での仕入れ値高転嫁が進みそうだ。コラムは上値を試す展開。在庫水準は依...