関東地区の一般形鋼市場で、流通による高唱えの機運が再び高まってきた。一部の大手流通が帳破明けの21日から唱え値を1千~2千円ほど引き上げた。堅調な一次加工ニーズを捉えた上で、仕入れ値上昇分の価格転嫁を図る構えだ。