東京製鉄が22日発表した2018年4~12月期単独決算は売上高1544億1700万円で前年同期比27・3%増、営業利益111億5200万円で同6・1%増、経常利益118億9800万円で同10・9%増、純利益105億7400万円で同5・4%増となった。ホットコイルの販売量が増加。形鋼も含めた販価改善に加え、昨年11月以降に主原料である鉄スクラ...