日本溶融亜鉛鍍金協会西日本支部(支部長・菊川美仁ガルバ興業社長)は15日、大阪市北区のホテルモントレ大阪で新年会を開催し、約65人が参加した。 菊川支部長は「今年は、災害で被害があった組合員もあったが、その中で組合員の協力もあったことに感謝したい。また、設備・保険といった災害への備えなどにも取り組みたい」と述べた。 その後、中山恵造三井金属...