鉄スクラップは下落基調が続いていたが、関西では下げ懸念が薄らいできているようで、当地でも下げ一服感が見え始めている。 年末年始の休暇が長かったこともあり、地場大手メーカーの今月の購入予定量は例年に比べやや少ないもよう。ただ、発生量は昨年末に在庫の片づけなどでやや上向いたが依然として低調なまま。先行き降雪次第では、荷動きがさらに鈍化する可能性...