ナマシ鉄線は8番(4・0ミリ)=13万4千~6千円どころ中心で強横ばい推移。 師走入り後も荷動きは低調。コロナ禍とあって実商いは小口スポット中心。市場は様子見ムードを払しょくできないでいる。 引き合いは振るわないが、地場の加工メーカーは需要見合いの生産を徹底。需給のバランスは保たれている。タイトではないが、だぶついてもいない。 こうした中、...