新潟地区のカラーガルバリウム鋼板市況は不需要期に入り、横ばい。一部メーカーで唱えを上げているが、市中は不需要期に入り、地合いは横ばいか若干弱含みの気配も感じる。 値上げ転嫁は着実に行いたいが、本格的な浸透は荷動きが回復する来春以降になろう。 住宅向けでは、11月から引き合いは鈍化。県内でも地域で濃淡がある。非住宅は見積もりが鈍く、コロナ禍で...