海外市況の軟調を背景に原料相場は下げ局面が続いている。依然下げ余地があり、目先も若干の弱含みで推移しよう。 ただそれ以上に国内発生がタイトで、メーカー入荷は必ずしも良くないようだ。製品価格の値上げも続いている。したがって散発的な下げはあるだろうが大きな変動は考えにくく、6月に入れば下げ止まりから小康状態に向かうのではないか。ムードが変わって...