日本橋梁建設協会の会員企業(正会員31社)による2021年度の鋼製橋梁実績は、重量ベースで前年度比0・6%増の19万8559トンと、微増ながら2年連続でプラスとなった。前年に大規模更新工事が集中した反動で高速道路会社からの発注量は減ったが、国の分が大幅に膨らんだため前年並みを維持した。