溶接鋼管類は高炉品に続き、専業品についても一部メーカーが来月分からの値上げを表明。母材コイルの値上がり基調は続いており、溶接鋼管も追加値上げの可能性がある。扱い筋にとっては慎重かつ迅速な価格転嫁が求められる。ただ主用途分野の実需は依然低調なままで、回復の兆しが見えてこない。また、昨年までと異なり市中在庫もほぼ潤沢な水準にある。昨年から続く値...