「60歳という年齢を客観視すると意識するが、あくまで一つの節目」が感想ながら「近い将来の世代交代を見据えた準備、セカンドライフの準備も進めたい」と前を向く。 34歳という若さで代表を継ぎ、鋼材商一本だった事業を段階的に拡大。現在では部材加工、組付、プラント設計施工なども手掛けている。「いかにユーザーへ貢献できるかを考え独自性を追求する中で、...