東京鉄鋼と伊藤製鉄所の関東地区における小棒共同販売会社、東京デーバー販売(本社・東京都千代田区)は、来週25日以降の異形棒鋼販売価格をトン当たり3千円引き上げ、販売単価を同9万6千円とする。 主原料である鉄スクラップはH2の急伸に加え、新断など上級品種が6万円台半ばと高騰が続いている。さらに合金鉄をはじめ、電力や燃料、電極など製造コストが全...