異形棒鋼はメーカーとゼネコンの価格差が大きく、新規成約は振るわない。ただメーカーの9万円以上を目指す姿勢は崩れず、相場は少しずつ上伸している。 H形鋼や一般形鋼はメーカーの大幅値上げで、流通は売値への転嫁に注力。メーカーの引き受けカットやロール遅れで、サイズによって在庫に歯抜けが見られる。 特殊鋼は自動車、建機などヒモ付きユーザーが好調で、...