異形棒鋼は上値をうかがう展開。ベースサイズ(SD295、16~25ミリ)で直送=7万9千~8万円、在庫=8万8千~9万円を高値圏に据える。 電炉メーカーは鉄スクラップの上昇基調に加え、電気料金や合金鉄、輸送費など諸コスト高騰から8万5千円に照準を合わせて売り腰を強めている。商社や流通も新値浸透に注力するが、新規商談が限られ上値は重い状況だ。...