条鋼建材製品は再び上昇圧力が強まりそうだ。異形棒鋼は上値をうかがう展開。製鋼原料や諸経費の上昇により電炉各社は販売価格8万円超えを見据えており、商社や流通も顧客への新値浸透を図る構え。H形鋼や一般形鋼、平鋼、コラムは続伸基調。中小物件向けの需要は伸び悩むが、メーカー値上げ分の販価転嫁が進みそうだ。 鋼板類は薄板3品、厚中板ともにメーカー値上...