東北地区の一般鋼材市況は強含み調。製造業向けでは4月に入り価格転嫁が遅れていた品種で新値対応が散見される。建材向けは需要が盛り上がりを欠く中、客先や品種で転嫁ペースに濃淡。需要家との価格交渉も厳しく、値上げ転嫁は遅れ気味との声。 鉄スクラップは強含み感を増す。海外向けの引き合いが堅調で、海上運賃高で難航する船の確保も緩和に向かうなど、海外要...