宮崎県の一般鋼材マーケットは「景況感と同様に、このところの荷動きは足踏み状態が続いている」(問屋)という。極端に落ち込んでいるわけではないが、盛り上がりに乏しいとの声が聞かれる。コロナ禍で、けん引役の観光産業が深刻な打撃を受けていることが痛手。市場全体のマインドが厳しい。住宅投資も弱めの動きとなっている。 西日本建設業保証の調べによると、2...