新潟地区の機械構造用炭素鋼(SC材)市況は強含み。メーカーの値上げを受けて特約店筋は3月の帳破明けから価格転嫁に向けた交渉を始めた。値上げ幅は1万円強。高炉・電炉原料の上昇や他鋼種の上伸も値上げムードを後押しし、需要家は値上げに理解を示す。ヒモ付きの値上げ交渉が課題だ。需要面では全般的に回復基調に向かう。自動車関連は一部で減産影響あり。農業...