神鋼環境ソリューション(本社・兵庫県神戸市、社長・大浜敬織氏)はこのほど、日本下水道事業団と共同で開発した「電熱スクリュ式炭化炉を用いた汚泥燃料化技術」が、同事業団の受託建設事業において積極的に導入実施されるべき技術として、新技術I類に選定されたと発表した。 同技術は脱水汚泥を乾燥後、還元状態で電気を熱源として加熱し、汚泥燃料を製造するもの...