一般形鋼類は強横ばい調で推移。置き場・ベースサイズは等辺山形鋼6×50=8万7千~8千円どころ中心の値動き。 流通筋はこれまでの鉄スクラップの値戻しや副資材価格の高騰など、コスト高を背景としたメーカー値上げに呼応して、価格転嫁に注力している。メーカーに下げ余地はなく、販売姿勢に変化はない。このため、足元の出庫は依然低調だが、採算面から流通は...