一般鋼材市況は引き続き全般に強基調で推移している。H形鋼の荷動きは必ずしも良くないが、流通筋では値上がり玉が入荷し在庫単価が上昇していくなかで、月替わり後も仕入れ値上昇分の価格転嫁を進めていく考え。 異形棒鋼は原料価格が調整局面にあるが、副資材やエネルギーコストの上昇を背景にメーカーは価格重視の姿勢を緩めておらず、流通筋では仕入れ値高を踏ま...