溝形鋼は5×50×100=9万~9万1千円どころ中心で強含み調を持続している。 帳破後も、取り巻く需給に目立った変化はない。コロナ禍とあって、様子見ムードを引きずっている。 大型プロジェクトはほぼ計画通りに動いているが、中・小規模の設備投資が延期や中止になるケースが増えており、結果として店売り向けが振るわないという。 荷動きは伴っていないが...