条鋼建材製品は上伸含みで推移しそうだ。異形棒鋼は上値を試す展開か。原料の高止まりや諸コスト上昇で電炉の売り腰は強く、在庫品をはじめとして先高観が台頭している。H形鋼や一般形鋼、平鋼、コラムは強基調か。足元の荷動き、引き合いは精彩を欠くが、新年度を見据えた商談が増えつつある。東京製鉄の4月販価が材料視されよう。 鋼板類は薄板3品、厚中板とも続...