鉄スクラップに関する調査・研究を手掛ける鉄リサイクリング・リサーチ(略称・SRR、社長・林誠一氏)は15日、調査レポート第62号「オマーン・クウェート・バーレーンの鉄源需給の現状と日本の鉄スクラップ輸出ポテンシャル」を公表した。前々回の「イラン」、前回の「サウジアラビア・アラブ首長国連邦・カタール」に続く、中近東レポート第3弾の位置づけ。中...