等辺山形鋼は6×50=8万8千~9千円どころ中心で強横ばい調を持続。 コロナ禍とあって、新規の引き合いは依然低調。とりわけ店売り向けは振るわず、倉出しは盛り上がりに欠けるという。 荷動きは伴っていないが、鉄スクラップ価格の続伸を背景にメーカーは段階的に販価を引き上げている。素材の押し上げは続きそうだけに、メーカーの強腰は緩みそうにない。 流...