中国地区の亜鉛めっき鋼板類市況は強基調推移。流通もメーカーの強気を反映しての販売姿勢。肝心の実需の回復は緩慢で、新年度に入っても盛り上がりは期待しづらい。一方で、諸コストアップの現状下、ユーザーの値上げに対する理解も進んできたという。 普通鉄線類は強含み横ばい。素材メーカーの値上げを受けた伸線筋は段階的に販価上げの意向。荷動き自体は活気薄で...