関西地区の亜鉛めっき鋼板類と普通線材製品は強含みで推移しよう。 亜鉛めっき鋼板類は素材価格の上昇や国内の品薄感の高まりを受け強含んでいる。足元では流通・加工筋からユーザーへの価格転嫁が進行中。非住宅向けの大型案件を中心にまずまずの引き合いだが、住宅向けは依然として活気薄。新価格の浸透には時間がかかりそうだ。普通線材製品も同様に強含んでいるが...