日本鉄鋼連盟は4日、2021年度「鋼構造研究・教育助成事業」の助成金給付対象研究テーマ公募の採択結果を発表した。応募件数69件中、土木18件、建築17件の計35件を選定。若手の採択が4割を超えるなど次代を担う鋼構造研究者の意欲や成長が目立つ結果となった。 研究分野指定では「高強度鋼を活用したハイブリッド構造の適用による補剛板構造の高じん性化...