条鋼建材製品は、これまでの上昇基調が足踏み状態になっている。昨年12月からの原料高騰を受け、1月以降も断続的に価格帯は切り上がってきた。だが一時的に鉄スクラップが反落し、先高観が薄れて仮需も減少。値戻し後も需給はひっ迫しないままだ。 懸念されるのは在庫簿価の上昇。メーカーが大幅に値上げした1月契約分の入庫が始まっており、流通としては価格転嫁...