中国地区の条鋼建材市況はメーカー各社の強売り腰を背景に上昇基調。コロナ禍もあって需要は復調しているとは言い難く、足元の相場観はつかみづらいものの、H形鋼をはじめアングルやチャンネルでも流通も唱えアップに出ている。溶接鋼管類は販売が振るわないがメーカー値上げを受けての価格転嫁に向け注力している。 薄中板は当地区でも強基調が続いている。品薄感が...