異形棒鋼(SD295)は直送ベース=7万9千~8万円どころ中心で強基調。 季節要因もあって、荷動きは越年物件の契約残が動いている程度でさえない。また、新規の商談や明細も一部を除くと低調で、春以降の新規物件に関する需要家の対応は慎重だ。一方、鉄スクラップは下げ基調ながら様子見で、電力や運賃を始め各種コストは高止まり。地場メーカーは引き続き再生...