関東地区の二三次製品は普通線材製品が強含み推移を維持、亜鉛めっき鋼板類は高唱えが広がるものの上値は重い展開が続く。 1月帳破明けにナマシ鉄線が5千円高となり、鉄線も陥没価格帯の底上げが進んだ。今月に入ってからも上昇基調は継続しており、鉄線や針金は先行するナマシ線に合わせて連れ高となりそうだ。 日鉄鋼板に続いてJFE鋼板が値上げを打ち出したこ...