日本磨棒鋼工業組合(理事長・小木曽知弘小木曽工業社長)がまとめた加盟メーカーの2020年暦年の磨棒鋼・冷間圧造用(CH)鋼線生産実績は80万9985トンとなった。前年比では20・7%減となり、リーマンショック後に需要が急減した09年以来の低水準となった。 内訳は磨棒鋼が前年比21・1%減の45万2756トン、CH鋼線も20・1%減の35万7...