新型コロナウイルスの感染拡大の影響で自動車減産が広がる中、特殊鋼棒鋼・線材の5月の鋼材出荷量は前年同期比約4割減へと低下しそうだ。特殊鋼棒線は部品サプライチェーンが長いため、国内完成車・KD生産の落ち込みがやや遅れて鋼材引取量に影響し、4月中旬から減少が本格化した。5~6月はこの影響が深刻化するが、一方で中国経済の復調、米国車生産の再開、中国...