東北地区市況は、亜鉛めっき鋼板類が横ばい、普通線材製品類が弱横ばいで推移する。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新規案件の動きが鈍くマーケットは動意薄の状況。 亜鉛めっき鋼板類は新設住宅着工、S造着工床面積ともに低調に推移し、荷動きは振るわない。住宅向けカラー薄物は水回りなど住設部材の入荷遅れ、景気減速による住宅購入意欲の低下、完成引き...