新潟地区の形鋼類は弱含みながらも過度な安値は見られず、特約店筋は市況の下支えに努めている。 足元の建築鉄骨は鉄骨ファブが一定の受注残を確保し、足元は受注した物件の加工に集中している。新規案件の引き合いが低調だ。 元々地場物件が少ないことに加え、新型肺炎の感染予防で従来通りの打ち合わせができないことや輸入難の住設機器など、部材の手配に苦労して...