姫路地区の鉄スクラップ市況は、弱含みで推移している。先安観が強まり、荷動きが活発化している。メーカーも減産を続けており、荷余り感は強い状況にある。 新型コロナウイルスの影響で工場発生スクラップは減少しているものの、全体的なスクラップ発生量は落ち込んでいない様子。一方、電炉メーカーは減産傾向にあり、需給バランスは整っていないのが現状だ。 相場...